クルマのサブスクはKINTO


2021年7月19日、かつて販売台数日本一に輝いたトヨタの「アクア」が10年ぶりにフルモデルチェンジしました。

10年前と違って、今は同じくトヨタの「ヤリス」や日産の「ノートe-Power」、ホンダの「フィットe:HEV」といったコンパクトハイブリッドカーが揃ってます。

これらのライバルカーと「アクア」は何が違うのか?

気になったので調べてみました。

-------------------

  • 全モデルHEV専用車種
  • 旧モデルよりも約20%燃費を向上させて「35.8km/リッター」を達成
  • 新型バッテリ「バイポーラ型ニッケル水素電池」を世界初採用(Bグレードを除く全車)
  • レクサス車に採用されているトヨタの最新安全技術「ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)先進運転支援システム」搭載
  • レクサスESなどに採用されている「KYB製のスウィングバルブ搭載ショックアブソーバ」採用
  • Toyota Safety Senceを全車標準装備
  • トヨタ初となるパーキングサポートブレーキ(周囲静止物)
  • 先代アクアに比べて全長と全幅は同じながら全高が30mm高くなり、ホイールベースが50mm延びているため室内・荷室空間が向上
  • 災害時に役立つ「非常時給電システム」を全車標準装備

-------------------

新型「アクア」のコンセプトが「10年先を見据えた、未来のスタンダード」ということで、それにふさわしい機能ですよね。

ただ、これほどの機能性だと気になるのが「価格」


(参考:トヨタ自動車WEBサイトベストカーWEB


価格として「たっかー!」というわけではないですね(勿論「やっすぅ!」というわけでもないです)。

ただランニングコストを考えると、

  • 年間走行距離1万kmとしてカタログ燃費を基に計算すると、ガソリン代4~5万円
  • 車検代として7万円くらい
  • 自動車税として3~4万円

と、車体価格に少なくとも「15万円」前後は加わることになりそうです。

これに保険代やら、メンテナンス代を考えたら・・・・



そこで検討してもいかな?というのがマイカーリースの「KINTO
   ↓


他のマイカーリースのサービスと比較すると、KINTOは「トヨタオンリー」なので選択の幅が狭いというのがデメリットです。

ただ、調べてみると、そのデメリットを上回るメリットがあるようです。

例えば、新型「アクア」をKINTOでリース契約すると

  • 7年分のメンテナンス費用(車検2回、タイヤ交換、バッテリー交換など)や自動車保険も含んで月額利用料金が19,580円(税込)と、任意保険込だとカルモくんより安い
  • 「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)」をプレゼント(ただし期間限定)
  • 全グレード対象で人気カラーのオプション料が無料
  • 「乗り換えGO」を使えば短期間で新車を乗りまわすことが可能
  • 不人気カラー選んでもリセールを気にせず乗れる
  • 増車したいなら初めから保険等級を気にせず複数台所有することが可能(個人事業主なら財務会計が楽になる)

といったメリットがあるようです。

こりゃ、「新型アクア」一択ならお得ですね!


 


クルマのサブスクはKINTO

 

 

 

 

 

 

 

【このサイトの管理人】

「できるだけ出費は抑えたい」「"お得"や"お値打ち"という言葉に弱い」という主婦みたいな中年オヤジです。苦笑

携帯や保険といったいわゆる「固定費」を見直している中でマイカーにかかる維持費も見直そうと思ったのがこのサイトを作ったキッカケです。

所有期間が長いほど何かと出費がかさみやすいマイカーですが、「必要なので手放すわけにはいかない・・・でも、出費はできるだけ抑えたい・・・」という私と同じようなタイプの人の参考になればうれしいです。

 

【お得な情報です】

 

査定を申し込んでも結果は「ユーカーパックからのみ」なので「営業電話ナシ」「個人情報が漏れない・流れない」という安心感があります♪

© 2021 マイカーリース 比較 rss